• AKIKO

脚下照顧って自分史のことだったの?

今から23年前、私はある地域新聞の記者として歩み始めました。

社主は当時70才くらいだったのでしょうか・・・。


生き字引きみたいな方で、なんでも教えて下さり、

なんでも知っている方でした。


その新聞のコラムが、『脚下照顧』という題でした。

会社に、社主が書かれたのか、看板もありました。

まだ30代前半の私には、難しい言葉だなぁ、くらいしか感じられず・・・。


その後、10数年が経ち、私がそのコラムを担当させてもらうことになりました。

前任者は大手マスコミのOBで、内容はいつも政治や行政に関することを、

鋭く書くのが人気でした。


私にできるかなぁ・・・、と思いました。


社主は、脚下照顧の意味を説いてくださいました。


『あなたの場合には、自分の身の丈で、生活の中で気づいたことを書かれたらよい』

とおっしゃり、私は取材の合間に気づいたことなどを書きました。


社主は鬼籍に入られましたが、

今も、会社があった街に行くと、

カメラが入った大きなカバンを持って、

大股で歩いていらっしゃるような気がします。


街を命がけで愛しぬいた生涯だったと思うのです。


私は当時、子が小さく、会社の片隅で母乳を上げたりしながら、

働かせてもらいました。


ばたばたしていました。


会社の本棚には、いろんな方の『自分史』がありました。


今はもう、それがないのです。


社主の話も聴けないし・・・。


自分史に出会い、学び、自分史の中には、人生の答えがすべてある、と

感じております。

ふと、脚下照顧、という言葉が浮かびました。


ああ、今、社主と、語り合いたい・・・、と強く思うこの頃です。



16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示