top of page
  • 執筆者の写真AKIKO

春の『薬』は好楽癒(こうらくゆ)

早咲きの桜が咲いていました。

春ですね。


『好きなことをしよう』

『やってて楽なこと、苦にならないことをしよう』


ここまではわかっていました。


ずっと、心がけてやってきていました。


心身のバランスをとるために、

絶対的に必要なこと。


そこから、一歩進んで、

『自分にとって癒しになること』


それってやっていますか?


好きなことをしていたら、

それが癒しでしょう?


それでも疲れてしまったら?


『好きなこと』

の中にあるけど、

息をするようにやっていることで、

自分よがりに思えて、


『こんなこと、意味がない』

『これはあんまり、価値がない』


と思っていることってありません?


疲れた時、

最後に支えてくれるのは、

好きなことの中で、

もっとも自分が

『価値が低い』

と思っていることだったりします。


話が抽象的ですみません。


『息をするようにしていること』

って、

他人にとって、価値がなくても、

自分には『薬』になりますよ、ほんとに。


好きで、

楽で、

癒しになること。


好楽癒 (こうらくゆ)ってどうかしら。




閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅が咲く

Comments


bottom of page