• AKIKO

年をとればとるほどたくさんあるものってなーんだ?


答え・・・それは『過去』です。


ふりかえる素材が山のようにあるということです。


これって、年をとる醍醐味だと思いませんか?


先日、父と病院に行きました。


検査の結果を聞くだけで二時間近く待ちました。


待合室は密だし、あたりまえですが、病人だらけだし、

喉も乾くし、お腹も空いて、だんだん父はイライラしてきました。


もちろん、私もです。


しかし、私には秘密兵器があるんです。


自分史用に、父の若い時の写真をたくさんスマホに入れてあります。

『ねぇ、この写真、どこだっけ』私は父に聞きました。


するとまぁ、話が出てくるわ、出てくるわ・・・。

これは、だれだれと、どこどこに行って、なになにを食べた時だ、とか、

この時は、だれだれの乗っていたオートバイがうらやましかった、とか・・・。

パパご機嫌になりました。


ストレスフルな待合室、検査結果の良し悪し、それにしても長い待ち時間、なんのための予約・・・。そんな現実は吹き飛んで、楽しいタイムトラベルに夢中になりました。


これって、年をとった者の特権だと思いませんか?


年をとることは枯れて、寂しいことじゃなくて、

思い出す過去、旅をする過去が山のようにあるということですよね。


スマホに写真を取り込むこと、ぜひおすすめします。